フェイラー(FEILER)のバッグ3 − ショシャナ(SHOSHANA)シリーズ

スポンサードリンク
他を圧倒する美しさを持ちながら、ひかえめに咲く一輪の薔薇。ヘブライ語の薔薇を意味する言葉であり、またヘブライ文学に登場するヒロインの名前でもある”ショシャナ(Shoshana)”をその名にした、フェイラー中でも優雅で奥深い味わいを持つシリーズです。

デザインは、赤い薔薇をシュニール織りで表現しているのがメインですが、商品の多くに薔薇の葉を象徴するようなグリーンラインが配されていることと、いくつかに”FEILER”の刺繍が施されているのが特徴的で、特別感の高い印象を与えています。

”SS-791”はベルトを取り外してポーチとしても使えるポシェットタイプのバッグ、”SS-4977”は縁取りを入れたニートなイメージが印象的なショルダー、”SS-793”、”SS-794"は背面に”FEILER”の刺繍が入った豪華なバッグ、というようにバリエーションが豊富なのも魅力。

他にも、あらゆるシーンで活用できるショルダー”SSK-4530”、両サイドのデンテッドラインが美しい”SS-798”、シンプルな形状と表情が新鮮な”SS-4800”、たっぷりと収納できる大きさが人気の”SS-795”があって、様々に選ぶことが可能です。

全てのバッグのカラーがブラックのみの設定なので、シックなスタイルにこそ似合うラインアップと言えますが、バッグに合わせてファッションを決めるというような楽しみ方をしたくなるのも、このラインアップの魅力と言えるかも知れませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。