フェイラー(FEILER)のバッグ4 − ボヘミア(BOHEMIA)シリーズ

スポンサードリンク
月の光に照らされた花や葉の幻想的なイメージをモノトーンで表現し、バックにカラーをあしらうことでそのシルエットを浮かび上がらせるようにしたデザインを、表面全面にシュニール織りで再現したのが”ボヘミア(BOHEMIA)シリーズ”のバッグ。

”ボヘミア”という名が付けられたのは、世界的に有名なチェコの工芸品であるボヘミアングラスをイメージしているからだそうですが、確かに、ボヘミアングラスの中でも”ゴールドサンドイッチ・グラス”と呼ばれる種類のものと似たイメージを持っているのは事実です。

それは、陰影を主体としたスタイルの中に華やかなカラーを使うことで、さらにその陰影を際立たせるといった手法が共通しているといった印象を受けることによりますが、さらに、このフェイラーのボヘミアシリーズでは、そのカラーにグラデーションを活かしているのも特徴。

イエロー、ピンク、モカ、グリーン、ブルーと5色設定されたカラーが絶妙なバランスで配され、花や葉がデザインされている部分のモノトーンや、バッグ本体のカラーであるブラックを美しく引き立てているのが、このバッグ最大の魅力ポイントと言って良いでしょう。

バッグの形態としては、プレーンな手提げバッグの1種のみとなっていますが、若干ながら裾へ向かって絞られた形状になっているのが、シュニール織りの雰囲気と相まって、スタイリッシュな表情を見せていますので、どんなスタイルにマッチするのも嬉しいところですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。